2015 年度第 1 回 MTA リベラルアーツ・セミナーのご案内 リベラルアーツ・セミナーのご案内  

下記の要領で2015年度第1回MTAリベラルアーツ・セミナーを開催します。第1回は、音楽と社会がテーマです。中部大学名誉教授 都築正道先生をお迎えし、カルメンを題材にお話しいただきます。鑑賞の対象としての音楽を超えて社会とのかかわりを考える場としたいと思います。

ご多用中のところ恐縮ですが、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。



日時: 2015.6.29 (月) 16:00~17:30(予定)

会場: 名古屋工業大学4号館7階アクティブラーニング

主催: 名古屋工業大学大学院産業戦略工学専攻

概要: 略歴等は裏面をご覧下さい。

演題:「音楽と社会-なぜ、カルメンとホセは同郷か?」

講師:中部大学名誉教授 文学博士 都築正道氏

定員35名(定員になり次第、締切ます)

尚、終了後、都築先生を交えて交流会を開催します。是非、ご参加下さい。


【連絡先】名古屋工業大学大学院産業戦略工学専攻 小竹暢隆

(052)735-7961, odake.nobutaka@nitech.ac.jp



【講師略歴】

中部大学名誉教授。前附属三浦記念図書館長。文学博士。専門は美学・芸術学・音楽学。春日井市交響楽団案学監督。愛環音楽連盟理事長。都築正道の名で朝日新聞音楽評担当。豊田市文化芸術振興計画策定委員会委員長。豊田市芸術文化推奨事業審査委員会委員長。名古屋ナポリ協会会長。名古屋オペラサロン主宰者。NHK名古屋文化センター講師。名古屋モーツァルト協会顧問。カセラ国際ピアノコンクール副審査委員長(ナポリ)。主著:「楽劇:音と言葉の美学」(音楽之友社)「あくびなしの音楽講座:トスカ」(同)。春日井市第九演奏会音楽監督。タルベルク国際ピアノコンクール審査員(ナポリ)。


MTAリベラルアーツ・セミナー参加申込書
本講演に参加ご希望の方は、「MTAリベラルアーツ・セミナー参加申込書」をダウンロードの上、メールでご送付ください。
MTAリベラルアーツ・セミナー20150629.pdf
PDFファイル 82.3 KB